アスミールはいつ飲むのか

アスミールはいつ飲むのか

子供の身長アップに効果が期待できる「アスミール」ですが、飲む時間帯を間違えると身長への高い効果は期待できないかもしれません。

 

子どもの成長期は身長が伸びる限られた時期ですが、成長期だからといっていつでも背が伸び続けているわけではありません。
成長ホルモンが一日のうちで一番多く出るゴールデンタイムは、眠ってから数時間後です。「子供の身長は夜に伸びる」のです。

 

アスミールは寝る前に飲むのが一番効果的でしょう。

 

成長ホルモンは運動した後にも分泌されます。
背を伸ばしたいなら体を積極的に動かしましょう。

 

アスミールの公式サイトを見る

 

目次

 

アスミールは1日何回飲むべき?

アスミールは1日6グラム摂取が推奨されています。
アスミールは1袋で180g入っているので、30日で消費する計算です。

 

6グラムはスプーンすり切り2杯分で、これを牛乳100mlと混ぜて飲むのが一般的です。

 

基本的に、アスミールは1日1回飲めば十分ですが、量が多いと感じるときは3グラムを2回に分けて飲んでも良いと思います。

 

消化不良のお子さんなら、2回に分けて飲んだほうが吸収しやすいかもしれません。
お子さんのお腹の具合に合わせてアスミールをあげましょう。

 

逆に、美味しいからといって1日6g以上飲むのは絶対に止めましょう。
おやつのように美味しいですが、アスミールはサプリメントです。

 

栄養の過剰摂取は肝臓や腎臓を傷めたりして大きな問題を引き起こすことがあります。
どうしても飲みたいときは、アスミールに風味が似ているココアドリンクを用意しましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

アスミールは、夜寝る前か食後か運動後に飲むのが効果的

 

夜寝る前

アスミールを飲むベストタイミングは、夜に寝る前です。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、午後10時から午前2時ごろと、就寝後90分後くらいです。

 

寝る直前に甘いものを飲むのは肥満の元で生活習慣が乱れるので、夕食後や睡眠の2時間くらい前に飲むのがお勧めです。

 

アスミールは吸収率が高いので、2時間前に飲めば寝るころには体内に栄養が吸収されます。
成長ホルモンは骨が伸びるように働きかけ、骨はアスミールの栄養を使ってグングン伸びていきます。

 

アスミールはアルギニンなどのアミノ酸(タンパク質の原料)や亜鉛、メロン由来プラセンタなど、背を伸ばす栄養が満載です。

 

身長アップに必要な栄養素はとても多いですが、アスミールには理想的な栄養バランスで配合されています。

 

▲目次に戻る

 

朝と昼に飲むデメリット

アスミールは、出来れば朝や昼には飲まないほうが良いかもしれません。
運動をするなら別ですが、学校で授業を受けるだけならお勧めできません。

 

せっかくの栄養素が他の目的で消費されるため、肝心の身長アップの効果が薄くなる可能性があります。
もちろん朝や昼に飲んでも悪いわけではないですが、効率は若干下がる可能性があります。

 

子どもにとって成長のベストの時間帯を選んで飲ませてあげましょう。

 

▲目次に戻る

 

食後に飲む

食後は消化吸収が良い時間帯です。
食後のオヤツ代わりにアスミールを飲むのもお勧めです。

 

空腹のときは栄養の吸収率が上がります。
さらに食後は胃腸がよく動くので、そのタイミングの飲むと良いでしょう。

 

おおよそ食後20分くらいまでが、いちばん胃が活発に動く時期です。
食事をした後20分後くらいまでの間に飲むのがベストです。

 

牛乳も消化しづらい食品なので、あまり胃腸が強くない子供なら食後がお勧めです。
あまり神経質にならずに食後のお楽しみにアスミールを飲む、くらいの気持ちで続けましょう。

 

▲目次に戻る

 

運動後

運動した後は成長ホルモンが盛んに分泌されます。
スポーツをするお子さんなら、運動後のアスミールの摂取もお薦めです。

 

運動後、3時間ほどは成長ホルモンが分泌されるため、その間ならいつでもアスミールを摂取しても構いません。
空腹なら吸収率が高まるのでなおベストです。

 

運動した直後は体が疲れているので、胃腸が動きづらい時期です。
胃腸が弱い子には辛いかもしれないので一息ついてからアスミールを摂取しましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

アスミールは何で飲むのが効果的?

アスミールは牛乳で割って飲むのが一般的です。
アスミールはココア味なので牛乳の相性は抜群です。

 

牛乳嫌いの子どもでも美味しく飲めます。

 

注意しないといけないのは冷たい牛乳だとなかなか溶けないことです。
冷たい牛乳にアスミールを溶かすならシェイカーが必要です。
アスミールと冷たい牛乳をシェイカーでよく混ぜて、しばらく放置すると混ざります。

 

暖かい牛乳30gくらいにアスミールを溶かし、その後70gの牛乳を加えると簡単に溶けます。
いろんな方法を試してみましょう。

 

アスミールは栄養バランスに優れたサプリメントです。
カルシウム豊富な牛乳と混ぜると更に高い効果が期待できますが、カロリーが気になる時は水で溶かしても良いでしょう。

 

アスミールの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加