プロテインで身長を伸ばす方法

プロテインで身長を伸ばす方法

プロテインといえば、ボディビルダーの方が飲む巨大な袋に入った粉を思い浮かべる方が多いでしょう。
プロテインの中身がよく分からないので、ドーピングか何かと思う方もいるかもしれません。
ここではプロテインの解説と、身長アップに効果が期待できるかを検証します。

 

プロテイン本来の目的

プロテインとは、英語で「タンパク質」のことです。
プロテインの粉の正体は、消化吸収しやすい、ほぼ純粋なタンパク質です。
加工食品の一種で、天然素材が主原料です。

 

プロテインは、決してドーピング薬のような怪しいものではありません。

 

プロテインが優れている点は、

 

・タンパク質でありながら、消化吸収しやすい
・脂質がほとんどなく、比較的低カロリー

 

が挙げられます。
そのため、ボディビルダーだけでなく、ダイエット食品や体力作り、運動やスポーツに耐えられる身体作りのためにプロテインを食べられることもあります。
プロテインは水や牛乳に混ぜて飲むのが一般的です。チョコレート味など、様々な味が付いている商品も販売されています。

 

プロテインは、乳製品や大豆が主原料です。
乳製品は、大きく分けてホエイ(脂肪を取り除いた牛乳、乳清)と、乳たんぱくカゼインを使ったものがあります。大豆はきな粉のように砕いて粉にしたものです。
このままでは栄養価が偏るので、コラーゲンや血流改善などの効果があるアルギニン、各種ビタミン、カルシウムなどを添加した商品もあります。
大豆や乳製品、それぞれの主原料で体内に吸収される時間が異なり、用途によって使い分けることが多いようです。
どのプロテインも、一般的にありふれた食品から作られています。

 

肉には豊富なタンパク質が含まれます。しかし脂肪も多く、特に日本では脂質の多い肉が好まれる傾向があります。
赤身肉でも脂肪を感じる肉が多く、気をつけて食べても脂質をたくさん摂取してしまいます。
体力作りなら脂質が多くても消化できますが、ボディビルダーにとって肥満はもっとも避けたいことです。極限まで体脂肪を落とすことで筋肉を際立たせる効果があるからです。
プロテインは、このような特殊で過酷な環境の人々の必需品です。

 

プロテインと筋力アップの関係

プロテインはタンパク質なので、筋肉や骨など身体を作る重要な栄養源です。
なぜプロテインが筋肉を増強させるのでしょうか。

 

ボディビルダーの方は、極限まで身体を鍛える筋力トレーニングと、ゆっくり休む休息日に分けて身体を作ります。筋肉トレーニングの日には限界まで重いものを持ち上げ、徹底的に筋肉を痛めつけます。
痛めつけられた筋肉には傷がたくさん付き、身体はこの傷を修復するために活動を始めます。
休息日には、身体は豊富なタンパク質(=プロテイン)を主原料に、筋肉の傷を修復します。この時に「超回復」という現象が起き、傷つく前よりさらに太くたくましい筋肉に再生されます。
この「超回復」を繰り返すことでボディビルダーの筋肉は太くなり、鍛え上げられます。

 

もし、傷ついた筋肉の栄養源をお肉や魚、大豆だけに頼るとどうなるでしょうか。
これらの食品には脂質が多く、このまま食べると脂肪を多く摂取しすぎます。(大豆も、大豆油が絞れるほど脂肪を多く含む食品です)
豆腐のカロリーは意外と高く、過剰摂取はお勧めできません。かつては忍者が仕事前に豆腐をたくさん食べて、飢えとスタミナダウンに備えていたという話もあります。今ではヘルシー食材の代表格ですが、本来はスタミナ食という位置づけでした。

 

しかも、肉や魚は、炭水化物に比べて格段に消化吸収が難しい栄養素です。常に胃腸がフル稼働の状態になり、内蔵の負荷が高くなります。
経済的にも激しい出費を覚悟しないといけません。肉や魚は米よりもずっと高額です。
何日も豆腐や納豆ばかりを食べるような生活に耐えられるなら別ですが、動物性タンパク質は意外とお金がかかります。

 

プロテインは、これらの欠点をすべてカバーできます。決して安価なものではありませんが、それでも毎日肉魚を買うよりは、プロテインを飲む方がずっと経済的です。

 

成長期の子供のタンパク質の摂りすぎは危険

プロテインは機能的な食品です。少なくとも、大人が計算した上で補助的にプロテインを使うぶんには、大きな問題にはならないでしょう。
しかし、成長期を迎える子供がプロテインを飲むのは危険な面があります。

 

タンパク質の過剰摂取は、内蔵を痛めつけて様々な悪影響を起こします。
具体的には、肝臓や腎臓に多大な負荷をかけます。
過剰なタンパク質は、どのような負荷をかけるのでしょうか。

 

食事として取り入れられたタンパク質は胃腸でアミノ酸に分解され、小腸から取り込まれます。
取り込まれたアミノ酸は肝臓に送られ、代謝を行います。タンパク質は様々な代謝を行う必要のある栄養素で、多量にあると肝臓を酷使します。
肝臓が疲れると免疫力が下がり、風邪など病気にかかりやすくなります。しかも肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど異変に気づきにくく、問題が表に出るころには末期症状だった、ということもあるほどです。
やたらと風邪をひきやすい、きちんと眠っているのに目の下のクマが目立つ人は、肝臓が疲れている可能性があります。

 

肝臓では、多すぎるタンパク質はアンモニアなどに分解し、腎臓から排出します。この作業だけでも肝臓を酷使しますが、同じく腎臓も酷使します。
腎臓を、酷使しすぎると腎臓炎や尿路結石など、様々な問題を起こします。
しかも肝臓で多すぎるタンパク質を分解するときには、カルシウムを使います。タンパク質分解のために、骨を頑丈にするために必要なカルシウムを消費してしまうのは、本末転倒と言えるでしょう。

 

その他にも、プロテインを子供が摂取することは食物アレルギーを起こす危険もあります。
牛乳や大豆はアレルギーを起こしやすい食品です。この牛乳や大豆の成分を凝縮したプロテインを過剰摂取すると、アレルギーを起こすリスクを上げてしまいます。

 

成長期の子供はプロテインに頼る必要はない

身長を伸ばすには、タンパク質が欠かせません。タンパク質は身体を作る土台で、成長ホルモンを合成するためには欠かせません。
しかし何事もバランスが大事です。タンパク質ばかりを摂取しても体内でうまく使えず、内臓を酷使して捨ててしまったら本末転倒です。効率的にタンパク質を摂取するには、カルシウムやビタミン、カリウムなど様々な栄養素が必要です。
プロテインは、過酷な筋力トレーニングを行う大人には有益な食品です。しかし、子供には必要ありません。子供がプロテインを食べるとタンパク質過剰になりやすく、デメリットのほうが大きいのです。
子供が身長を伸ばしたいなら、炭水化物、肉や魚、大豆などタンパク質、ビタミンの源になる野菜や、ミネラルの宝庫の海産物などを美味しく、バランス良く食べるのが一番です。そして夜にきちんと眠り、成長ホルモンの分泌を促しましょう。
どうしてもプロテインに興味があるなら、きな粉を牛乳に溶かした「きなこジュース」がお勧めです。
台湾の一部で飲まれている、きな粉に麦や緑豆、緑茶粉などを混ぜた擂茶(れいちゃ)も美味しく飲めます。

 

>>身長アップサプリメントのおすすめランキングはコチラ

 

 

成長期を過ぎた大人には、骨盤トレーニングがおすすめ

大人になると骨の骨端線が固まり、それ以上骨が伸びることはありません。そのため、大人になるともう身長アップが望めないと言われています。
しかし、成長期を過ぎた大人が物理的に骨を伸ばさなくても、身長アップは可能です。骨盤を正しい位置に戻し、姿勢を正すことで、骨をまっすぐにして背が伸びる効果があります。

 

整体で骨盤矯正する方法もありますが、自力で骨盤を保つだけの筋力を鍛えるのが一番です。骨盤を保つ筋力を付けるには、スポーツよりもヨガがお勧めです。
ヨガも様々な流派がありますが、出来れば源流のインドに近い流派のほうが良いでしょう。教室に通うのが理想ですが、教材などでヨガをしっかりと学ぶこともできます。
バスタオル1枚を敷くスペースがあれば、ヨガは簡単にできます。骨盤矯正ヨガは身長が伸びるだけでなく、姿勢が良くなり、外見の印象もずっと良くなることが期待できるのでおすすめです。

 

>>成長期が過ぎても身長を伸ばす方法はコチラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテインで身長を伸ばす方法関連ページ

牛乳で身長を伸ばす方法
牛乳で身長を伸ばす方法についてまとめました。牛乳を飲むと身長は伸びるのか?疑問を解決します。