肥満に注意!?太っている子供は背が伸びにくい

太っている子供が身長が伸びにくい理由

小さいころは子供がかわいくてとにかくなんでも食べさせていたら、気が付くと丸々と太っていた。
なんて人もいるかと思いますが、横にはどんどん大きくなるのに上には大きくならない・・・こう思った方いませんか?

 

実は太っている子供は身長が伸びづらという事実があります。

 

それには理由が2つあります。

 

1つが成長ホルモンの分泌が悪くなるから。

 

寝ている間に骨を伸ばしたりと身長アップに必要不可欠な成長ホルモン。
この分泌がわるくなってしまうのですから身長が伸びないのも納得でしょう。

 

2つ目が、一番身長が伸びやすいのは思春期を迎えるまでなのですが、その思春期を迎えるのが早まってしまうため。

 

思春期を迎える時期は子供によって変わります。

 

ケンカの多い親だと、早く大人になろうとするあまり思春期が早くなってしまう、こんな事例もあるようです。

 

このように肥満が子供の思春期を早めます。

 

身長は思春期まででいかに伸ばせるかが将来の身長の伸びに重要になります。

 

できる限り思春期を迎える前までに、身長を伸ばしておきたいですよね。

 

そうなると、肥満になることだけは避けなければいけないのですが、それを防ぐには子供の食生活を親がきちっと管理する必要があります。

 

たとえば、

 

 よく噛んで食べさせる

 

よく噛まないで飲み込んでしまうと消化がわるくなります。小さいうちからよく噛んで食べるように教えましょう。

 

 食後に寝っころがるようなダラダラした生活をさせない

 

食後は、横になったりせずに昼間であれば外で遊ばせるのがいいですね。

 

 子供が大好きな炭酸やジュースなどを飲ませない

 

炭酸やジュースなどには、砂糖が大量に含まれています。砂糖の取りすぎは肥満につながります。

 

 ファーストフードやスナック菓子のようなカロリーの高いものを食べさせない

 

子供が大好きなファーストフードやスナック菓子。

 

好きだからと言って食べさせては太る原因を与えているようなもの。

 

食べさせる量を親が管理しましょう。

 

子供の身長を大きくするためには、親の生活管理にかかっています。

 

今一度生活を見直し、子供の為にも規則正しい生活を心掛けるといいでしょう。

 

 

 

<<子供が身長アップのサプリメントを飲んでも問題ない? | トップページ |

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加