骨が伸びやすい年齢は?

骨の一番伸びやすい年齢

骨が伸びやすい年齢を知ることができれば、骨の成長と共に伸びていく身長を効果的に伸ばしていくサポートをしていくことが可能です。

 

骨が伸びやすい年齢は骨年齢に関係していて、骨年齢とは骨の成熟度合いによって骨の年齢が何歳程度なのかをあらわしたものです。

 

骨年齢を正確に知るためにはレントゲンを利用する必要があって、レントゲンによって手のひらの骨の数を確認するのです。

 

手のひらの付け根にある骨は成人だと10個の骨があるのですが、成人より年齢が低くなればなるほど、この手のひらの骨の数が少なくなっていきます。

 

これを利用してレントゲンで手のひらの骨の状態を確認して、現在の骨年齢はどの程度のものなのかを見るのです。

 

男女共に身長が急激に伸びていく成長期は10歳から15歳程度だといわれていますが、このようにある程度の目安はあっても個人によってやはり成長のスピードの度合いは全然違うものです。

 

成長期と呼ばれる期間を外れて身長が伸びる人もいますし、成長期の少し前から身長が伸びてくる人もいるのです。

 

このような現象は骨年齢と深く関係していて、実年齢と骨年齢が必ずしもリンクしないことから、このような現象が起こってくるのです。

 

実年齢と骨年齢にはズレがある場合も多く、実年齢が10歳であるのに骨年齢は8歳や7歳ということもあるのです。

 

実年齢が10歳で骨年齢が8歳ということは、実年齢に比べて骨の成長が2年程度も遅れているということになり、その場合は成長期に入っているのにもかかわらずに身長が思ったように伸びてこないということも十分に考えられます。

 

このように身長が伸びる時期について知るためには、骨が伸びる時期をしっかりと見定めていかなければならなく、それを見定めるためには大まかな成長期ではなく、骨年齢を知らなければならないのです。

 

子供の骨年齢は親が確認することはできないので、小児科や整形外科などを利用して骨年齢を調べてもらうのも子供の成長度合いをしっかりと知るための有効な手段になります。

 

実年齢が成長期を過ぎていても、骨年齢がまだ若い場合は、正しい措置をしることによってまだまだ骨が成長していく可能性があるわけですから、正しい骨年齢を知ることができれば希望も持てるのではないでしょうか。

 

小児科や整形外科で骨年齢を調べる方法は、特段難しいことをするわけではなく、レントゲンを使って簡単に骨の状態を調べてもらうことができるようになっています。

 

 

 

>>骨の伸びやすい時期を過ぎても身長を伸ばす方法はコチラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加