骨が伸びる仕組み

骨が伸びる仕組み

背が伸びるということは骨が伸びているということですが、骨が伸びる仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

 

骨の成長には、骨と骨を繋ぎ合わせている骨端線と呼ばれている軟骨が深く関係していて、この骨端線が柔らかい子供のうちはどんどん成長していくことができます。

 

逆に大人になってしまうと、この骨端線が硬くなってしまい成長が止まってしまうのです。

 

身長を伸ばすには、睡眠と運動と栄養が重要なポイントになってきますが、つまりはこれらの3要素が骨端線に影響してくるのです。

 

もう少し具体的にこの3要素がどのように骨端線の成長に影響してくるかを説明してみると、睡眠によって深い眠りを得た時に分泌される成長ホルモンがソマトメジンCというホルモンを肝臓に生成するように促します。

 

このソマトメジンCというホルモンが骨端線の成長に深く関係しているというわけです。

 

さらに骨や軟骨の成長には様々な栄養素が必要になってきて、たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、さらには亜鉛など色々な栄養素が骨や軟骨の成長をサポートするのです。

 

栄養面ではこれらの栄養素を効果的に摂取することを心がけることによって、骨や軟骨の成長を促してやることができるでしょう。

 

最後に運動ですが、運動をすることによって骨に与える影響とは刺激です。

 

骨の成長には適度な刺激が必要になってきて、適度な運動をすることによって骨に縦方向の圧力をかけるので物理的に骨を伸ばすような効果もあるのです。

 

さらに運動には成長ホルモンの分泌を促す効果もあり、運動をして適度に疲労することによって、その疲労を回復させるために食欲を増進させたり、深い睡眠をさせたりと、体に様々な効果をもたらすことができるのです。

 

適度な運動をすることによって、骨の成長に重要なポイントである他の2つのポイントにも作用させることができるので、運動も骨の成長には非常に重要なポイントになってくるといってもよいでしょう。

 

これら3つのポイントをバランスよく生活の中に取り入れてあげることによって、骨端線がまだ柔らかい成長期にはどんどん骨の成長と共に身長も伸びていってくれることでしょう。

 

もし子供の身長を伸ばしたいのであれば、まだこのような身長や骨が伸びる理論を詳しくは知らないと思われるので、子供の成長を伸ばしたいと考えているのならば親が率先して、これらの3要素についてのサポートをすることが大切になってきます。

 

そうすればお子さんの可能性を最大限に伸ばすことができるでしょう。

 

 

>>成長期が過ぎても身長を5センチアップする方法はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加