背が伸びるのに欠かせないホルモン

身長がグングン伸びるホルモンとは

ホルモンが身長が伸びることと密接に関係していることをご存知でしょうか。

 

ホルモンといえば成長ホルモンという言葉を聞いたことがある人は多いと思われますが、成長ホルモンという言葉からもいかにも身長の変化と関係していると連想する人も多いのではないでしょうか。

 

実際のこの成長ホルモンは、身長が伸びるここと深く関わっていて、3つあるといわれる身長と深い関係の持ったホルモンの中のひとつです。

 

成長ホルモン以外で身長の伸びと深く関係しているのが、甲状腺ホルモンと性ホルモンで、これらに加え成長ホルモンの3つが複雑に絡み合って人間の慎重は伸びていくといってよいでしょう。

 

これらのホルモンの分泌を促すことができれば、身長が伸びることに役立てることができるのですが、これらのホルモンの成長を促すのに重要なのが生活習慣なのです。

 

まず、成長ホルモンの分泌を促そうと思ってのならば、睡眠がとても大切なポイントになってきます。

 

この成長ホルモンの分泌が一番活発になる時が深い睡眠を得ている時で、質の高い睡眠を得ることができればできるほど成長ホルモンの分泌は促されます。

 

逆に注意したいのが、幼い頃から不規則な生活習慣によって満足な睡眠時間が取れていないと十分に身長が伸びきらないという状況に陥ってしまうので注意しましょう。

 

成長ホルモンは身長を伸ばすのに必要な3つのホルモンのうちで、最も生活習慣に左右されやすいホルモンといえて、裏返せば生活の仕方によって分泌量を調整できるのが成長ホルモンでもあるといえます。

 

また、甲状腺ホルモンは骨の成長のサポートに役立つホルモンとなっていて、甲状腺ホルモンがしっかりと分泌されていれば、骨の新陳代謝が活発になりどんどん骨が生まれ変わっていってくれるのです。

 

性ホルモンにも同様に身長を伸ばす効果があるので、子供の身長を伸ばしたいと考えているような場合は、これら3つの身長を伸ばすのに大切なホルモンの分泌量を意識した生活を心がけていくとよいでしょう。

 

成長ホルモンをはじめとする身長を伸ばすために重要な役割を持っているホルモンのことを知るのはとても大切なことなので、これから身長と向き合うならば確実に手に入れておきたい知識です。

 

身長を伸ばすために重要なのは睡眠だと、ただ言われるだけでは根拠がイマイチ不明で必要性がわかりませんが、このようにホルモンと関連付けて説明されれば、身長と生活習慣の関連性がいかに密接なものかがわかってくるのではないでしょうか。

 

 

>>成長ホルモンを分泌し背を伸ばす方法はコチラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加