身長が伸びる仕組み

背が伸びる仕組み

身長が決まる条件の75%の部分は後天的な要因だということがわかっても、肝心のその要因に関連する事柄がわからなければ身長を伸ばすためのサポートなどもできません。

 

そのため、正しく身長を伸ばすサポートをしたいならば、身長が伸びる仕組みについても知っておく必要があるでしょう。

 

身長が伸びるということは、骨が成長しているということで、骨の成長に合わせて皮膚や筋肉が成長していくように、人間の体は作られています。

 

さらに骨の成長は骨と骨とを繋ぐ役割を持っている軟骨の成長によって引き起こされ、その骨と骨を繋ぐ軟骨は骨端線と呼ばれています。

 

人間は成長期に大きく身長を伸ばしますが、成長期の身長の伸びは骨端線の堅さと大きく関係しています。

 

骨端線が柔軟で柔らかいうちは身長はどんどん成長していき、大人になって骨の成長が止まる頃には骨端線は硬くなってしまいます。

 

骨端線が硬くなれば骨の成長が止まり、そうなれば当然身長が伸びるのも止まるというわけなのです。

 

このことから身長を伸びるサポートをするとすれば、この骨端線の成長を促してあげることがとても大切になってきます。

 

身長を伸ばす75%の後天的な要因で重要なポイントは、食事と睡眠と運動になりますが、この3つのポイントは骨端線を成長させるための方法でもあります。

 

バランスの良い食事を心がけ、適度な運動をして、十分な睡眠を取る、これは私達の生活の基本事項ともいえる部分ですが、これこそが身長を伸ばすために最も重要な事柄でもあるということを忘れないようにしましょう。

 

もし、子供の身長をしっかりと伸ばしてあげたいというのなら、このような生活の基礎的な部分の改善から始めていき、それらに加えその他の方法での補助をしていくのが望ましいです。

 

最近は、スマートフォンやパソコンでのインターネットなどが当たり前の時代になってきているので、どうしてもこれらを子供がやってしまうと運動不足かつ十分な睡眠が取れないという状況に陥ってしまうことが多くなります。

 

さらにスマートフォンやパソコンは目を酷使するもので、眼精疲労が元になる睡眠不足もありますので、これらとの向き合い方を考えるのも子供の成長を考える上では大切になってくるでしょう。

 

よく食べて、よく寝て、よく遊ぶというのは基本的なことのようで難しくもありますが、しっかりと取り組む気があれば改善できない問題でもありません。

 

その点をよく踏まえた上で身長との向き合い方を考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

>>身長を今より5センチアップする方法はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加