男女の成長期

男女の成長期はいつまで?

男女の成長期は一般的に10歳から15歳くらいまでといわれていますが、男女によって少し時期が異なってくるので覚えておくと、お子さんの性別などによって上手に身長の成長と向き合っていくことができます。

 

男性の場合は、13歳から15歳くらいまでが身長が最も伸びる時期といえて、特に男性の場合は驚くほどの身長の成長スピードを見せるようなことも珍しくありません。

 

次に女性ですが、女性は男性よりも少し早く最も身長が伸びる時期が来て10歳から11歳くらいが身長が一番伸びる時期の目安になってきます。

 

このように男女間での微妙な成長スピードの違いを比べてみると、小さな頃に経験した一度は女子に抜かれた身長をある時期を境にして、もう一度抜き返すということの理由がわかるのではないでしょうか。

 

この10歳から15歳という身長が著しく伸びる期間を待ち遠しく思う親もいらっしゃるでしょうが、過度な期待は子供へのプレッシャーになりますのでくれぐれも注意しましょう。

 

この時期が成長期というのは自分の子供だけではなく、成長には個人差がありますので、もしかすると自分の子供が晩成型の成長タイプで、周りに身長でどんどん差をつけられるかもしれません。

 

丁度この成長期というのは、体の成長だけではなく心の成長も著しくなる時期で、子供は心の成長に精神がついていかずに、不安定になる時期でもあります。

 

お子さんによっては身長が周りと違うことが不安になっている場合もあることから、このような状況にさらに親の過度な期待がのしかかってきてしまっては、強いストレスの元になってしまいます。

 

親が低身長などで身長にコンプレックスがあればあるほど、子供を周りと比べてしまうものですし、我が子にだけは同じ思いをさせたくないと身長のことであれこれ子供に口出ししてしまいがちです。

 

親はあくまでも子供の身長を正しく伸ばしてあげるためのサポートに努めて、基本的には個々の子供が持っている成長スピードに合わせて見守ってあげることが大切だということを忘れてはなりません。

 

また、この男性と女性の成長期にこそ正しく身長を伸ばす方法を実践することが重要になってくるので、食事と睡眠と運動のバランスを整えて、子供が本来持っている成長力をしっかりと発揮できるようにサポートしてあげるとよいです。

 

大切なのは本来子供が持っている成長力に伴った正しい成長をできるということで、それ以上を望む必要はありません。

 

 

>>成長期が過ぎても身長を5センチアップする方法はコチラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加