身長アップを阻害するストレス

ストレスが身長の伸びに影響するのをご存知ですか?

現代人には慢性的なストレスを抱えているという人も多くいますが、このストレスが厄介で身長の伸びに悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

さらに、ストレスは身長の伸びに悪影響を与えるだけではなく、体の様々な部分にトラブルを引き起こす火種になることもあります。

 

身長以外にも影響を与える可能性が高いのがストレスなので、身長を伸ばす一環としてストレスを感じない生活を心がけるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ストレスが身長の伸びにどのような影響を与えるのかというと、ストレスを体が感じると精神状態が不安定になってしまい、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの量が減ってしまうのです。

 

成長ホルモンは骨の成長に重要なホルモンになっているので、成長ホルモンの分泌量が減るとそれだけ骨の成長を遅れさせてしまうということが考えられます。

 

さらに、ストレスは食欲にも影響を与えることがわかっていて、ストレスを感じることによって食欲が減退した場合は、体に必要な栄養分を十分に摂取することが難しくなってきます。

 

身長の成長に重要な3つの要素には、栄養も含まれているので、ストレスによる食欲減退が栄養面を疎かにしてしまう可能性があるのです。

 

さらに、ストレスが食欲に与える影響はこれだけではなく、ストレスを感じることによって特定の食品の摂取量が劇的に増えることもあり、それが原因で栄養バランスが著しく崩れてしまうこともあるのです。

 

このようにストレスが身長の伸びに与える影響には、肉体的な影響と精神的な影響の両方があり、それらが重なって体に作用した場合には身長を伸びに大きな障害となって降りかかってくることも考えられるのです。

 

また、注意したいのが身長を伸ばしたいというその気持ちがストレスに変わってしまうこともあることで、身長を伸ばしたいと思い様々な行動をして、すぐに身長が伸びるとよいのですが、必ずしもそのようなわけではありません。

 

身長を伸ばすための行動に大きな期待感が伴っていた場合は、それが失敗した時には挫折を味わうことになり、その挫折がストレスに変わってしまうこともあるのです。

 

このため、身長を伸ばすための行為を生活に取り入れる際にはストレスについてもしっかりと考えて、過剰な期待をするのではなく、あくまでも気軽な気持ちで身長を伸ばすための方法を導入するとよいでしょう。

 

もし、その方法で伸びなくても他の方法があるというような気軽な気持ちで臨むことによってストレスを最小限に抑えられるはずです。

 

 

>>成長期が過ぎても問題なし!自宅で身長アップはコチラ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加