睡眠と身長の関係

身長にいいのはズバリ深い睡眠!

深い睡眠を得ることは骨の成長に必要な成長ホルモンを活発に分泌させることに繋がるので、身長を伸ばすのにも重要なポイントになってきます。

 

骨の成長を促すために、深い睡眠への導入方法やどのように身長を伸ばすための睡眠を確保していけばよいのかをしっていれば、身長の成長と上手に向き合っていくことができるでしょう。

 

まず、深い睡眠を得る以前に睡眠時間が慢性的に足りていないような状況に陥ってしまっているのならば早急に対処が必要で、寝不足は身長を伸ばす妨げになるだけではなく、ストレスを溜めたり、体のその他のトラブルを巻き起こしたりするので、まずは身長を十分に伸ばすための睡眠時間の確保から始めてみてはいかがでしょうか。

 

身長を十分に伸ばすために必要な睡眠時間は、体の成熟度によって異なってきて、小学生くらいまでの小さい子供になると1日に約10時間の睡眠時間が必要といわれています。

 

さらに、中学生から高校生で1日8時間が必要となっていて、これらの時期は体が劇的に成長を遂げる成長期でもありますので、成長ホルモンを活発に分泌されるための睡眠時間については特に気を配っていきたいところです。

 

私達が何気なく昔から使っていた、寝る子は育つという言葉の裏側にはこのような意味があったのです。

 

また、十分な睡眠時間を確保したならば、次は睡眠の質についてこだわってみることも大切で、成長ホルモンは睡眠中でも分泌量が多い時間とそうでない時間があり、午後10時から深夜2時は成長ホルモン分泌のゴールデンタイムともいえる時間で、睡眠時最初のノンレム睡眠の時が1日の中で最も多くの成長ホルモンが分泌される時間帯なのです。

 

時間帯を合わせても熟睡できるような睡眠でなければならないのですが、人間の体内時計は1日24時間という周期とは微妙にずれが生じるようになっています。

 

この時間と体内時計のずれが質の高い睡眠を妨げる原因になることもあるのですが、これを解消してくれるのが太陽の光です。

 

太陽光には体内時計をリセットさせる効果があって、これによってずれた体内時計を時間に合わせることが可能になるのです。

 

睡眠は身長を伸ばすための重要な要素になっていますが、深く突き詰めれば非常に奥が深い部分なので、必要睡眠時間を確保できているからといってそのままにしておくのではなく、一度身長の成長に必要な睡眠方法について一から学んでみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

 

>>自宅で簡単!誰でもできる身長アップはコチラ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加