身長アップに効果のある栄養の吸収率を妨げる食品添加物

身長アップに効果的な栄養素の吸収を妨げる食品添加物

身長を伸ばしたいと思っている方ほど、意外と知らないのが食品添加物が及ぼす身長への影響です。

 

ネットが普及し、無数の情報にさらさているものの意外に知らない方が多いようです。

 

食品添加物を含んだものを食べると身長を伸ばすために働いてくれるマグネシウムや亜鉛、カルシウムが添加物と一緒に体外に排出されてしまうのです。

 

食品添加物によく含まれているフィチン酸やリン酸塩などがそれに当たります。

 

これらの排出されてしまう栄養素は身長を伸ばすのになくてはならない栄養素です。

 

せっかく意識して毎日の食事でとりいれたのに、食品添加物がはいった食材を食べてしまったために排出されてしまった、なんてことがないようにしましょう。

 

そこで、まずは食品添加物が含まれている食材にはどんなものがあるのか?

 

こちらから紹介していきます。

 

代表的なものが清涼飲料水やかまぼこ、ソーセージ、ベーコン、ハム、カップラーメンやいくらなど。

 

普段誰もが好んで食べるものにこれだけ食品添加物が含まれているのです。

 

では、これだけの食べ物に食品添加物が含まれていることがわかったと思いますが、この食品添加物が含まれている食材を扱う際の注意点を教えます。

 

これだけいろんなものに含まれているのだから日常で必ず食べてしまう機会もあるでしょう。

 

そこで、大事なのが食品添加物をいかに取り除いてから食べるか。

 

これが重要なのです。

 

食品添加物を取り除く方法はいたって簡単です。
一度熱湯をくぐらせることでかなりの添加物を取り除くことができるのです。

 

たとえば、ソーセージやハムなどは10秒ほど、熱湯をくぐらせることである程度は取り除くことができます。

 

カップラーメンは麺に含まれた添加物を除くために一度入れたお湯を捨てます。
再度、新しいお湯をいれてから食べるようにしましょう。

 

このように、食品添加物が含まれたものを一切食べないのが理想ですが、悲しいかな、現在のお店に並ぶ食品はかなり添加物が含まれているものを多く扱っています。

 

これらを食べるのであれば一度、食品添加物を取り除く方法を実践するだけでも十分体のためにはなるのです。
食事からの栄養を無駄なく取り入れるため、食品添加物の摂取量を少なくしていきましょう。

 

 

成長期が過ぎても5センチ身長を伸ばす方法はコチラ

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加