タバコを吸うと身長が伸びない!?

タバコを吸うと身長が伸びない!?

自分の身長が伸びるかについて気になっている人が、タバコについてが一番心配だという人も多いのではないでしょうか。

 

タバコには成長を妨げるような副作用があるようなことが噂になったりもしますが、実際に身長が伸びる点とどのように関係しているのでしょうか。

 

タバコについては、両親がタバコを吸う家庭と、両親がタバコを吸わない家庭での子供の身長を比べてみた場合、タバコを吸わない家庭の子供よりも、タバコを吸っている家庭の子供の平均身長の方が低かったというような実験結果もあるようです。

 

タバコが身長を伸ばすのに悪影響を与えるとすれば、何らかの原因物質が存在するはずなのですが、タバコに含まれる一酸化炭素は成長を妨げる可能性のある物質として注目されています。

 

タバコに大量に含まれている一酸化炭素は、体内に入り込むことによって血液中の赤血球と結びつくような働きをします。

 

その結果、本来ならば体の隅々まで行くはずだった酸素が、十分に行き渡ることがなくなるのですが、酸素が体の隅々に行き渡らないということは、細胞分裂をも妨げてしまうのです。

 

細胞分裂には酸素が必要で、酸素に加えて栄養と水が整うことによってはじめて細胞分裂が起こるのです。
このうち一酸化炭素は、細胞分裂に必要な酸素が体に行き渡るのを阻害するので、タバコと身長の伸びについては関係があるといえるのです。
加えて、一酸化炭素は老化現象をもたらすとされる活性酸素は発生させる要因にもなり活性酸素が発生してしまうと、大量のビタミンCが消費されてしまいます。

 

このビタミンCは、軟骨に必要不可欠なコラーゲンを作るのに必要なもので、軟骨の生成が妨げられれば骨が成長しないので、身長も伸びにくくなってしまうというわけです。

 

このようなことから、タバコは単純な要因で身長を伸ばす邪魔をするのではなく、細胞分裂を妨げてしまったり、軟骨の生成を妨げてしまったりと複合的な要因で成長の邪魔をするものだったのです。

 

また、子供はタバコは吸えませんので、タバコが子供の成長を邪魔するとしたら親やその他の家族が吸っているタバコが成長の邪魔をしているということになるのです。

 

子供をしっかりと成長させてあげたいならば、子供の行動だけを改善するのではなく、親やその他の一緒に生活している家族の行動も改善する必要があるのではないでしょうか。

 

タバコを吸えば絶対に身長が伸びなくなるというわけではありませんが、少しでも身長の成長を妨げる可能性があるのならば、注意する必要があるでしょう。

 

 

 

>>自宅で簡単!身長を5c伸ばす方法はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加