身長アップに欠かせないタンパク質の上手な摂取方法

タンパク質を上手く食事からとる方法

身長を伸ばすのにはタンパク質が重要なのは広く知られています。

 

なぜ、タンパク質が身長を伸ばすのに良いのかというと、骨を丈夫にしながら長さを伸ばし成長ホルモンの分泌をも促してくれるからです。

 

身長を伸ばしたい人にとってこんなに優れた食材を取り入れないわけにはいきません。

 

タンパク質を毎日の食事から上手に取り入れる理想的な食事を目指しましょう。

 

ただ、タンパク質を取ればいいからといっても、やみくもに肉ばっかり食べればいいというわけではなく、肉類には脂肪が多く含まれているのでカロリーを過剰に摂取してしまうことにもなるのです。

 

脂肪を過剰摂取すると、肥満になる恐れがあります。
肥満は成長ホルモンの分泌が悪くなるので、身長を伸ばしたいのであれば避けたいですね。

 

食事のポイントはズバリ、高タンパクで低カロリーなもの。

 

ではどんな食材から取り入れるのがいいのか?

 

まず、肉は脂肪がものすごく多く含まれています。

 

誰もが舌鼓を打つような高級なお肉には、脂肪が多くタンパク質は意外に少ないものです。
こういったように、部位によっては脂肪の方が多くタンパク質が少ない部位もあるのです。

 

一方、魚は比較的脂肪が少なくて高タンパクではあるが、お肉と同様に部位や種類によってはカロリーが高いこともあります。

 

まぐろの赤みなどはカロリーが低く高タンパクなので素晴らしい食材なのですが、反対にブリなどは脂肪が多くタンパク質が少ない魚になります。

 

うまく高タンパクで低カロリーなものを取り入れるのにおすすめなのが、大豆食品と鶏肉のささみです。

 

大豆食品は、豆腐や納豆。
低カロリーながらタンパク質以外の栄養も摂れる優れものです。

 

鶏肉はささみが一番、低カロリーで胸肉などは油部分をとりのぞいて食べると脂肪を抑えることができます。

 

 

ただ、そうはいってもみんなお肉は大好きです。
食べたくなってしまうこともあるでしょう。

 

そんなときは、調理法に一工夫加えてみてはいかがでしょうか。

 

油を落とすように脂肪を切り取ったり、焼いたりするだけでもかなり脂肪を取り除くことができます。

 

こういった食生活に気を付けることは、きっとあなたの身長を伸ばすのに効果的に働くことでしょう。

 

 

成長期が過ぎても5センチ身長を伸ばす方法はコチラ

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加